VAPEのリキッドは温度によって味が変わる

飲み物には冷やした方がいいもの、常温が良い、温める方がいい物などがあります。温める時には温度の種類があります。ものすごく高いほうがいいこともあればぬるめがちょうどいいこともあります。自分の好みで温めるようにしなければいけないでしょう。お湯などを利用して温度の調節ができる場合はよいですが、温度管理を容易にすることができない場合もあります。VAPEを利用するとき、機器によって機能が異なります。新しいタイプには温度管理ができるものが登場しています。それまでのものは温度は一定になっていましたから、強く加熱する機器、加熱が弱い機器などがありました。温度管理がついているものであればリキッドによって温度の強さを変えることができます。加熱しすぎない方がいい場合、加熱をしっかりした方がいい場合などがあります。

VAPEは自分の好みの使い方を見つける

飲み物を飲むときに変化をつけようとすると薄めたり温度を調節したりになるでしょう。それによって多少は変化させられる場合があります。一度自分の好みの状態を知ることができればそれ以降はその状態で利用できるようになります。しかしその状態を知らなかったり、一つしか方法を知らなければそれ以上の楽しみ方が利用できません。複数の方法が選べれば選択肢を増やすことができます。VAPEは一見一つの使い方しかないように感じます。実際は手元にいろいろな調節機能がついていてそれを使うことで温度調節などができるようになっています。それを利用して同じリキッドでも違う味などを楽しめるようになります。最初はその機能を知らずにただスイッチのオンとオフしか受かっていなかった人もいますが、使い方がわかると好みの設定ができるようになります。より利用範囲を広げられます。

VAPEのメンテナンスについて

VAPEでリキッドを加熱しているコイルは、消耗品です。吸い方によって異なりますが、1日1箱タバコを消費するペースで吸った場合、約1週間程で交換する必要があります。初心者の方が購入しやすい安価な電子タバコのレビューには、「1週間もたたないうちに壊れた」といった報告が多く見られますが、大半は、コイル交換の寿命を知らないだけです。アトマイザー内部を良く洗浄して使うと、コイルを長持ちさせることができますが、洗浄前にリキッドを捨てることになります。リキッドの金額から考えると、残量20%程度であっても捨てるのはもったいないので、注ぎ足して使い続ける方が多いですが、吸う頻度が多ければ多いほど、まめに洗浄するほうがコイルを長持ちさせることができます。コイル交換の寿命を短くするのは、リキッドが十分にコイル周辺にしみこむ前に吸い始めること、パフボタン(加熱させるボタン)を長く押しすぎること、植物性グリセリン(VG)が多いドロッとしたリキッドを使うことが挙げられます。