初心者が注意したいVAPEの取り扱い方

ネットの口コミを読んでいると、初心者が購入するVAPEのレビューには、「交換用コイルの多くが不良品であった」といった内容のクレームが、非常に良く書き込まれています。しかし、中・上級者が書き込んでいるサイトには、ほとんど見られません。これは、初心者が使う電子タバコに不良品が多いわけではなく、「リキッドを十分にコイルにしみこませないと壊れやすい」ことに起因しています。安価な電子タバコのコイルをまとめ買いした方のレビューに、「10個コイルを購入したが、8個は不良品で使えなかった」とありましたが、確かにその商品の取扱書には、コイル交換に関する注意事項が書かれていませんから、壊してしまうのも仕方ありません。コイルは、不良品が多発しやすい製品ではありません。コイルをセットした後は、リキッド注入後、少し振り、縦置きで5分程度待ってから吸いはじめましょう。またタンクをリキッド量を40%から50%に維持するためにマメに補充しましょう。VAPE本体は、丁寧に扱えば長持ちしますので、十分にお手入れをしてお使いください。

VAPEを試す前に知ってほしいことについて

電子タバコという言葉が日本で言われるようになった頃の製品は、今の電子タバコと比べると、まるで魅力がありません。昔の電子タバコや、同等の安価な電子タバコを使った方の体験談は、「無視」しましょう。それほど電子タバコは数年の間に飛躍的に進歩しました。「どんなものか試してみる」場合でさえも、安価な製品は、まったくお勧めできません。減煙・禁煙を目的として使いはじめる方は、タバコに似た風味を求めやすいですが、VAPE愛好家は、タバコとは切り離して楽しんでいる方のほうが圧倒的に多いです。それほど「風味」が格段に進化しました。コーラ、バニラ、アイスクリーム、アップルパイなど、実に多彩な風味がありますが、近年のリキッドには、本当にアイスクリームを食べているような気分にさせてくれるものさえあります。電子タバコの費用に関しては、一般的には月3、000円前後です。減煙効果もありますが、完全に禁煙してしまい、VAPE愛好家としてスタートを切ることをお勧めします。禁煙の苦痛は、長くても2カ月前後ですが、VAPEを味わい続けると2カ月後には「タバコは、まずい」と感じられることでしょう。

VAPEは機器とリキッドを購入して利用

煙草を吸う時に必要なのは煙草とライターです。ライターは火をつけるためのものなのでマッチでもシガーソケットのようなものでも構いません。ライターは一度買うとある程度使うことができるのでたばこ自体を購入することでどんどん使うことができます。それぞれの銘柄ごとに味などが変わるようになっているので、好みの味を選ぶようにするとよいでしょう。VAPEの場合は機器とリキッドを購入して利用します。リキッドは香りの成分です。それを気化するのが機器になります。これさえあれば楽しむことができます。リキッドは変えることができ、たくさんの種類が販売されています。ですからたばこの銘柄を選ぶように好きな味を選べるようになっています。たばこの味にあえて似せているものもありますし、たばことは全く異なるタイプの風味で販売されているものもあります。