VAPEを楽しむために購入したい小道具

リキッドを交換したり、アトマイザーとバッテリーの接合部を動かしたりすると、リキッドが少々漏れますが、通常のティッシュより、アルコールペーパー・アルコールティッシュをお勧めします。最近のリキッドは、タンクに注入しやすいようになっていますが、洗浄を行うために一時的にリキッドをタンクから抜く場合、スポイトや注射器が便利です。リキッドを配合する場合、小さなミニボトルがあると便利ですが、先端がニードルになっているものが使いやすいです。これらは、100円ショップで手にいられられるもので十分です。VAPEを入れておくバックですが、リキッドが漏れても問題がないような材質が良いですが、100円ショップで販売されているスマホケースなどを代替にするのも良いです。アトマイザー部分は、ビニールの袋にいれるか、小さなタッパーに入れておくと、漏れても大丈夫です。

VAPEを使った禁煙を行う

禁煙を行うということは強い意思がなければいけません。挫折をする人もたくさんいるようです。お金もかかることだからこそ、禁煙をしなければいけないという気持ちにもなるでしょう。また健康被害も出てきてしまいます。喫煙をしている本人だけではなく、周りの人にも迷惑がかかってしまいます。それが分かっていながら禁煙を辞めることが出来ないと言う人も多いです。電子タバコを使った禁煙方法であれば喫煙をしている感覚にもなるのでスムーズに行うことができます。VAPEは電子タバコなので喫煙をしている気分は味わうことができますが、含まれている成分は実際のタバコとは全く違います。あまり大変な禁煙をしたくはないという人にはVAPEのような電子タバコはとても便利です。コストも抑えることができますし、健康にも悪影響を及ぼすことがありません。

電子タバコVAPEの利用について

10年以上前から喫煙を続けているのですが、消費税の増加により煙草の値段も少しずつですが上がってきており、吸い始めた時よりも160円ほど一箱の値段が上がっています。禁煙者が周囲でも増えてきており、禁煙をしようと今はたばこの代わりとなる電子タバコを1週間前に購入して使用しています。インターネット上で見つけて購入したのですが、VAPEと呼ばれる電子タバコでアメリカなどでは有名なもので普及率が高く、日本でも年々使用者や取扱店が増えてきています。価格は5000円から高いもので数万円します。デザインが良くて男女問わずおしゃれに使用する事が出来ます。液状の香料をLEDの熱で蒸発させて香りを楽しむもので、ニコチンなどは含まれていませんが吸うことへの習慣的な依存は代償出来ます。服に匂いがつくこともなく、火を使用しないために安心して使用できます。味などを変えたりしながら楽しめるため、禁煙グッズとしては最適に感じます。

発がん性物質を含まないので健康は気になるけど禁煙出来ない方にもおすすめ。 副流煙が出ないので、周囲の人にも迷惑がかかりません。 電子タバコはほとんどが輸入品でコピー商品も多いため、信頼できる販売店での購入がおすすめ。 タバコを吸っていると気になる口臭も、原因のタールを含まないので安心。 Eleaf・INNOKIN・aspireをはじめ有名ブランドの電子タバコを購入できます。 VAPEのご購入は「vape studio」