F1ベルギーGPの初めて開催は1925年で、100年近くの歴史があります。その後は何度か中断がありながらも開催され、当時は全長12kmを誇る公道のスパ・フランコルシャンでレースが開催されていましたが、時が経つにつれて安全に対する不備が指摘されるようになりました。1969年ベルギーGPは開催拒否によって中止となり、これによって1972年からは常設のニヴェル・ボレール及びゾルダー・サーキットが使用されるようになりました。この2つで交互開催を予定したいましたが、ニヴェルの経営破綻により、1975年~1982年までゾルダーのサーキットで開催されました。1983年からは距離が短縮されたスパ・フランコルシャンとなり、1985年以降は全てスパで開催されています。レース開催のタイミングは夏の終わりでハンガリーGPとイタリアGPの間が多く、2010年以降はサマーブレイク後の開催になっています。

F1ベルギーGPにまつわる歴史とは?

F1ベルギーGPのイメージは高速コーナーが多く設計されているスパ・フランコルシャンはめまぐるしく天候が変わるスパ・ウェザーの影響と相まって波乱を呼ぶレース展開が多く見受けられます。ただF1からヨーロッパでの開催が減っている状況で、ベルギーGPも存続に関しては2003年がタバコ広告禁止法の影響で中止となり、また2006年はや改修遅延によって中止となりました。その後も2013年以降はフランスGPとの隔年開催も検討されましたが、今も通年で開催されています。過去のドライバー勝利数は多い順にシューマッハが6勝、セナが5勝、ジム・クラークとキミ・ライコネンが4勝で並んでいます。F1にあまり興味の無い人でも知っているドライバーが名を連ねており、クラークとセナは1988-1991年とそれぞれ4連覇を成し遂げています。

F1ベルギーGPを楽しく観戦するツアーとはどんなものか?

F1ベルギーGPのイメージとして、高速コーナーが多く設計されているスパ・フランコルシャンは、めまぐるしく天候が変わるスパ・ウェザーの影響と相まって波乱を呼ぶレース展開が多く見受けられます。ただ、ヨーロッパからF1の開催が減っている状況で、ベルギーGPも存続に関しては2003年がタバコ広告禁止法の影響で中止となり、また2006年はや改修遅延によって中止となりました。その後も2013年以降はフランスGPとの隔年開催も検討されましたが、今も通年で開催されています。F1にあまり興味の無い人でも知っているような有名なドライバーが名を連ねており、1988-1991年とそれぞれ4連覇を成し遂げているドライバーもいます。F1についてあまり知識のない方も、一度は耳にしたことのあるドライバーを間近で見られることは大変興味深いことでしょう。

将来的に、他のスポーツコンテンツも取り扱った観光ツアーも手配してまいります。 ツアー(商品)の中には、早期申込割引をしています。 運営から2年経ちますが、既にF1専門誌にも6度広告を出稿しているなど、メディアにも積極的に登場しています。 当社のF1観戦ツアー会社は最安値ですが、値段以上にツアーのクオリティにも注目してください!F1観戦を楽しもう!!ベルギーGP観戦ツアーをお探しの方へ